2021年 8月 4日 (水)

巨人・小林誠司は「大城より上」か 他球団スコアラーが「スタメン起用すべき」と断言する理由

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!
「やっぱり他の捕手とは違うね。投手の能力を引き出すのが巧い」

   他球団のスコアラーがうなった。高評価が向けられたのは巨人・小林誠司だ。

  • 小林誠司(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    小林誠司(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 小林誠司(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

小林は「玄人好みの捕手ですよ」

   山口俊が2年ぶりに日本球界に復帰登板した2021年6月23日のDeNA戦(富山)。バッテリーを組んだのは、「正捕手」大城卓三ではなく、小林だった。

   山口は19年に15勝4敗、防御率2.91で最多勝、最高勝率(.789)のタイトルを獲得している。この時26試合先発登板したすべての試合で小林とバッテリーを組み、全幅の信頼を置いている。

   日本に復帰してファームで1試合も投げていない。「ぶっつけ本番」の山口は初回に柴田竜拓に先制アーチを被弾するなど本調子ではなかったが、女房役の小林がカーブ、フォークを効果的に織り交ぜて追加点を許さない。

   6回2死満塁のピンチで大江竜聖にスイッチすると、代打のソトを空振り三振に切り抜ける。7回以降は5投手をつぎ込む継投策で逃げ切った。

「小林の配球は奇をてらうわけではないが、9回を通しての組み立てがきっちりしているので手詰まりになることがない。投手の状態が悪くても変化球で目先を変えたり、構える姿勢を変えたりうまくリードするのでなかなか集中打が出ない。目立たないけど玄人好みの捕手ですよね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中