2021年 8月 3日 (火)

張本氏、メジャー選手に苦言「下手だね」 走塁ミスに「日本ではリトルリーグでも...」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   野球評論家の張本勲氏が2012年6月27日、「サンデーモーニング」(TBS系)にリモート出演し、メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(26)のセーフティーバントに苦言を呈した。

   大谷は25日(日本時間26日)のレイズ戦に「1番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席でメジャー初となる先頭打者本塁打を放ち、今季通算24本目をマークした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

メジャー選手の凡ミスに「喝」

   1点ビハインドの3回には無死2塁の場面でセーフティーバントを成功させチャンスを広げた。大谷は左腕フレミングの2球目を1塁前に転がし安打をマーク。無死1、3塁とし、得点機会を演出した。

   張本氏は大谷のセーフティーバントに対して「やっぱりホームランの打てるバッターだから2回目のバッターボックスでセーフティーバントをなんでやる。今はまだ(打率が)2割7分打ってないんだから3割届かないよ。それなら次のバッターボックスでもホームランを狙って欲しいわね」と持論を述べた。

   また、番組で紹介されたメジャーリーガーの「凡ミス」に張本氏が「喝」を出す場面もあった。

   24日(日本時間25日)に行われたインディアンス対ツインズ戦の6回。インディアンスのロサリオ外野手が2盗を試みた。捕手の送球はワンバウンドとなりセンター方向に転がった。ボールを取りそこなった遊撃手がすぐにフォローし、ボールを拾い上げて2塁に送球。ベースを少し回っていたロサリオはボールから目を離しゆっくり帰塁したところをタッチアウトとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中