2021年 7月 28日 (水)

「意図が全く分からない」 継投ミスで逆転負け...広島・佐々岡監督「後手采配」にファン呆れ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球の広島は2021年6月29日、東京ドームで巨人と対戦し8-11で逆転負けを喫した。

   初回に2点を先制した広島は先発・大瀬良大地(30)が3回6失点と炎上。2点ビハインドの5回に4点を入れて逆転に成功するもリリーフ陣が踏ん張れず8回に4点を失い痛恨の黒星となった。これでチームの借金は今季ワーストタイとなる「16」に膨らみ、リーグ最下位に沈んでいる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

左腕バードに対し巨人は代打の代打

   先発・大瀬良は不安定な立ち上がりだった。2番ウィーラー(34)に死球を与え、2死1塁から4番・岡本和真(25)にライトスタンドに運ばれた。2回は3人で抑えたが、4回に3連続タイムリーを浴び、2死2、3塁の場面で投手の戸根千明(28)にセンター前ヒットを許し計4失点。3回6安打6失点で降板した。

   打線は2点ビハインドの5回に4点を入れて逆転に成功するも、その裏に1点を返され1点差とされた。

   広島は1点を死守するための継投に入り、6回にコルニエル(26)を起用。コルニエルは回をまたいで7回のマウンドに上がったが、2死1、2塁で左の香月一也(25)が代打に送られたところで広島ベンチは左腕バード(28)をマウンドに。巨人ベンチは左腕バードに対して代打の代打として右の石川慎吾(28)を起用。バードはわずか2球で石川を打ち取るも、回をまたぐことなくこの回限りで降板した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中