2021年 8月 2日 (月)

井上尚弥も呆れた、カシメロの「問題行動」 試合キャンセルのドネアも「プロとは言えない態度」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(38)=フィリピン=が2021年6月30日にツイッターを更新し、今夏に予定されていた王座統一戦をキャンセルしたことを明かした。

   ドネアは8月14日(日本時間15日)に米カリフォルニア州でWBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(31)=フィリピン=と王座統一戦を行う予定だった。

  • 井上尚弥選手(編集部撮影)
    井上尚弥選手(編集部撮影)
  • 暴言を繰り返したカシメロ(写真:ロイター/アフロ)
    暴言を繰り返したカシメロ(写真:ロイター/アフロ)
  • 井上尚弥選手(編集部撮影)
  • 暴言を繰り返したカシメロ(写真:ロイター/アフロ)

ドネア夫人カシメロ陣営に不信感

   ドネアは30日午前にツイッターを更新し「I STAND」とのタイトルの声明文を添付した。声明文では王座統一戦をキャンセルした理由などが記されており、「VADA(ボランティア・アンチドーピング協会)への書類提出が5日間遅れたため、この試合をキャンセルした」と直接の原因について言及した。

   カシメロは当初、WBA世界バンタム級レギュラー王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)と対戦を予定していたが急きょ、ドネアとの王座統一戦が決定した。ドネアは6月20日にツイッターを通じてカシメロ戦決定を報告し、「2本目のベルトはもうすぐ」と意気込みを語っていた。

   ところが、王座決定戦が決定してからカシメロ陣営がドーピング検査に前向きでないとして、ドネアの妻でありマネジャーのレイチェル・ドネアさんがSNSを通じてカシメロ陣営への不信感を露わにし、ドーピング検査を受けなかった場合、試合のキャンセルも辞さない構えを見せていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中