2021年 8月 3日 (火)

阪神・絶対守護神スアレス初黒星も「責められない」と擁護論 「併殺崩れ」の守備に虎党不満

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球の阪神は2021年7月1日、甲子園でヤクルトと対戦し1-6で敗れた。

   1-1の同点で迎えた9回に守護神スアレス(30)が2死満塁で2点タイムリーを許し、4番手・馬場皐輔(26)も悪い流れを止められずこの回計5失点。絶対的守護神が崩され痛恨の逆転負けを喫し、2位巨人に2ゲーム差に迫られた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

併殺成立していれば...

   この日のゲーム前まで防御率0.56を誇っていた守護神に今季初の黒星が付いた。

   3連投となったスアレスは先頭・青木宣親(39)を2塁ゴロに打ち取り、続く山田哲人(28)にセンター前ヒットを許した。ここでヤクルトベンチは代走に山崎晃大朗(27)を起用。1死1塁の場面で打席に4番・村上宗隆(21)を迎えた。

   1ボール2ストライクから村上が放った打球はゴロでセンター方向へ転がった。これを2塁ベース寄りに守っていたショート中野拓夢(25)がほぼ正面で捕球し、ベースカバーに入ったセカンド糸原健斗(28)に送球。糸原は併殺を狙うも村上の足が勝り1塁はセーフ。併殺が成立していればチームの負けを防げただけに悔やまれるプレーとなった。

   2死1塁から流れはヤクルトに大きく傾いた。スアレスはオスナ(28)にセンター前に運ばれ、続く代打・川端慎吾(33)に四球を与えて2死満塁のピンチ。ここで代打・宮本丈(26)に2点タイムリーを許して降板した。後を継いだ馬場は四球でさらにピンチを広げ、中村悠平(31)、塩見泰隆(28)に連続タイムリーを浴び、この回だけで5点を失った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中