2021年 7月 31日 (土)

陽岱鋼は放出の炭谷と「非常によく似た状況」 台湾メディア「今後」懸念...高額FAも2軍生活

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   苦境に立っている巨人・陽岱鋼(34)を地元台湾メディアが不安視している

   陽岱鋼の地元メディア聯合新聞網(WEB版)は2021年7月6日、巨人から金銭トレードで楽天に移籍した炭谷銀仁朗(33)について報じた。記事では炭谷がフリーエージェント(FA)で西武から巨人に移籍した経緯や移籍後の成績などが報じられ、同じくFAで巨人に移籍した陽についても言及しており、地元のスター選手の今後を懸念している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

16年オフに総額約15億円5年契約

   聯合新聞網の記事では、炭谷が原辰徳監督(62)に望まれてFAで巨人に移籍し、年俸1億5000万円の3年契約を結んだとしている。入団後は同じ捕手の大城卓三(28)の成長によって出場機会が徐々に減っていった事実を指摘し、移籍先の楽天では大きな戦力になるとしている。

   炭谷のFAでの移籍経緯や最近の試合出場数を踏まえ、記事では陽が「非常によく似た状況にある」と指摘している。

   陽は16年オフにFAで日ハムから巨人に移籍。年俸総額約15億円(金額は推定)の5年契約を結んだ。そして今年が5年契約の最終年となる。

   巨人移籍後の陽の成績は入団1年目の17年は87試合に出場し、打率.264、9本塁打33打点。翌18年は同じく87試合に出場し、打率.245、10本塁打、37打点をマークした。代打起用が増えた19年は試合数こそ110試合だったが、4本塁打、21打点ともに移籍後ワースト。そして昨年はわずか38試合の出場にとどまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中