2021年 7月 28日 (水)

大谷翔平への暴言は「一線を越えた」 米メディアがレッドソックス右腕を辛辣批判

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   メジャーリーグ・レッドソックスのアダム・オッタビノ投手(35)が、エンゼルス大谷翔平(27)に「暴言」を吐いたと米国内で話題となっている。

   レッドソックスは2021年7月5日(日本時間6日)にエンゼルスと対戦し5-4で勝利したが、問題のシーンは9回裏に起こった。

  • 大谷翔平選手(編集部撮影)
    大谷翔平選手(編集部撮影)
  • オッタビノ投手(写真:AP/アフロ)
    オッタビノ投手(写真:AP/アフロ)
  • 大谷翔平選手(編集部撮影)
  • オッタビノ投手(写真:AP/アフロ)

米メディア「激しいトラッシュトークを」

   マウンドのオッタビノは1点リードの2死1、2塁のピンチで打席に大谷を迎えた。大谷に長打が出ればサヨナラの場面。オッタビノは3ボール1ストライクから大谷をセカンドゴロに打ち取ると感情を爆発させ大谷に向かって言葉を投げかけた。

   このシーンの動画がSNSで米国内に拡散し、メジャーリーグを取材するメディア関係者からは、オッタビノが大谷に向けて不適切な言葉を交えて暴言を吐いたと指摘する声が相次いだ。

   米メディア「FORTHEWIN」(WEB版)は6日、問題のシーンに関する記事をアップ。「レッドソックスのアダム・オッタビノ投手が最後のアウトを取った後、大谷翔平に激しいトラッシュトークを行った」とのタイトルで、記事の中で「オッタビノは一線を越えた」と指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中