2021年 7月 27日 (火)

炭谷銀仁朗「電撃トレード」の波紋 「巨人にFAで来たい選手がいなくなる」ファンから心配の声

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   巨人・炭谷銀仁朗の金銭トレードでの楽天移籍は大きな波紋を呼んだ。

   今季は44試合出場で打率.188、1本塁打、7打点。スタメンでの出場は18試合にとどまったが、接戦で試合途中から出場する難しい役回りで投手陣を巧みにリード。首位・阪神を追うチームの中で、大きな役割を果たしていた。

  • 炭谷銀仁朗選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
    炭谷銀仁朗選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • 炭谷銀仁朗選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

戸郷を育てた実績も

   楽天は2018年オフに炭谷が西武からFA宣言した際も、その力を高く評価していた。今回のトレード劇で、原辰徳監督と炭谷の間で話し合いが持たれたことが報じられていることから、巨人サイドが新天地に出場機会を求めた炭谷の希望を汲んだと考えるのが自然だろう。

   巨人に移籍初年度の19年は58試合出場で打率.262、6本塁打、昨年は56試合出場で打率.180、1本塁打、7打点。額面の数字は物足りなく感じるが、リーグ連覇したチームへの貢献度は計り知れない。

   昨年は戸郷翔征の「専属キャッチャー」として、9勝をマークさせるなど力を引き出した。守護神・デラロサとバッテリーを組んで試合を締めるのも炭谷だった。

「大城の配球は打者に読まれやすいと言われますが、炭谷はその逆で相手の狙いを見透かしたリードで手玉に取る。粗削りな若手や外国人投手の良さを引き出すのが巧い。相手球団にとって、炭谷がいなくなったのは戦略上で大きいと思います」(スポーツ紙デスク)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中