2021年 7月 27日 (火)

五輪選手「ワクチン拒否」に見るジレンマ 安心安全とアスリートファーストは両立できるか

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京五輪の米国競泳男子代表マイケル・アンドリュー(22)が、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けないことを表明した。米ワシントンポスト紙(WEB版)など米メディアが2021年7月9日に報じた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

IOC約8割のワクチン接種で「安心安全」アピール

   アンドリューは50メートル自由形、100メートル平泳ぎ、200メートル個人メドレーで代表に選出され、東京五輪では金メダル候補に挙げられている。

   ワシントンポストによると、アンドリューはワクチン接種を受けないことについて「自分がどう反応するかわからないものを自分の体に入れたくありませんでした。エリートレベルのアスリートとして、私たちが行う全てのことは綿密に計算されています」と主張し、ワクチン接種によるトレーニング停止のリスクを取りたくなかったとしている。

   国際オリンピック委員会(IOC)は選手のワクチン接種を奨励しているものの義務付けておらず、選手個人の判断に任せている。

   IOCは東京五輪に出場する選手や指導者の約8割がワクチンの接種が出来るとの見通しを立てており、「安心安全」な大会をアピールしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中