2021年 7月 28日 (水)

NHK青天を衝け「CG合成」でパリ再現 美麗映像に感嘆の声「本当に現地に行ったような気分」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」の第22話が、2021年7月11日に放送され、CG合成によって制作されたフランス・パリのシーンが大きな話題を呼んでいる。

  • 吉沢亮さん
    吉沢亮さん
  • 「青天を衝け」で渋沢栄一たちが凱旋門の上からパリの街並みを見るシーン。NHK「ニュース シブ5時」公式ツイッター(@nhk_shibu5)より
    「青天を衝け」で渋沢栄一たちが凱旋門の上からパリの街並みを見るシーン。NHK「ニュース シブ5時」公式ツイッター(@nhk_shibu5)より
  • 吉沢亮さん
  • 「青天を衝け」で渋沢栄一たちが凱旋門の上からパリの街並みを見るシーン。NHK「ニュース シブ5時」公式ツイッター(@nhk_shibu5)より

いよいよパリ編に突入!

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一(吉沢さん)で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   第22話「篤太夫、パリへ」で、栄一は徳川慶喜(草彅剛さん)の弟・昭武(板垣李光人さん)の随行でパリを訪れる。初めて口にするパンやコーヒーといった洋食も気に入り、凱旋門を登った際には圧巻の景色を前に「これが... パリ!」と言葉を失う栄一。メインとなるパリ万博の視察では、蒸気機関やエレベーターなど最先端の西洋技術を目の前にして度肝を抜かれ、少年のような目で「参った!」「ちっぽけな俺は言葉も通じず、品々を見定める目も考える頭すらねえや。夢の中にいるみてえだ」などと終始興奮しっぱなしだ。

   そんななか、昭武はナポレオン三世の謁見(えっけん)式に出席。テュイルリー宮殿で厳かに行われ、昭武は持ち前の気品を溢れさせながら堂々と慶喜の代わりとしての役目を果たす。その後、栄一はナポレオンの墓を視察したり、舞踏会に出席して鼻の下を伸ばしたりと、パリを存分に楽しむのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中