2021年 8月 4日 (水)

「マルテの3球目」は本当にボールだったのか 阪神サヨナラ劇の「微妙判定」にネット紛糾

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球の阪神が2021年7月12日、甲子園でDeNAと対戦し劇的なサヨナラ勝利を飾った。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

最後は主砲・大山の一打で

   阪神は3点ビハインドの9回2死から4点を獲得してサヨナラ勝ち。0-3からの逆転劇に甲子園球場に詰めかけた虎党は歓喜したが、インターネットでは9回のマルテ(30)の打席での「ボール判定」を巡ってファンが紛糾した。

   問題の判定は9回2死1、3塁の場面だった。2-3で阪神が1点を追いかける展開で打席には3番マルテが入った。マウンドにはDeNAの守護神・三嶋一輝(31)。2死ながら一打同点のチャンスだった。

   マルテは1球目のスライダーを空振りし、見逃した2球目はストライクとなりノーボール2ストライクに追い込まれた。その3球目だった。三嶋が投じた渾身の153キロのストレートは外角低めにコントロールされた。きわどいコースに球審の手は上がらずボール判定。直後の4球目をマルテはセンター前に運び同点とした。

   試合は4番・大山悠輔(26)が2死1、3塁から三嶋の初球をたたき打球はセンター前へ。3塁走者がホームに生還しサヨナラ勝利。主砲の一打で試合を決めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中