2021年 8月 2日 (月)

大谷翔平に米ESPNジャーナリストが謝罪 通訳巡る発言に「差別」指摘...「明らかに無神経だった」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手に対し、不適切な発言をしたとして、米スポーツ専門局ESPNのスポーツジャーナリスト、スティーブン・スミス氏が2021年7月13日(日本時間)、「私のコメントは明らかに無神経で悔やまれるものでした」と謝罪した。

  • 大谷選手
    大谷選手
  • スミス氏のツイッターより
    スミス氏のツイッターより
  • 大谷選手
  • スミス氏のツイッターより

「すぐに謝罪と停職をすべき」

   スミス氏は12日のESPNの番組「First Take」で、大谷選手に"アドバイス"を送った。

   複数の現地メディアによれば、「No.1の顔が、何を言っているのか理解するために通訳を必要とするような男であることは、助けにならないと思う」と持論を展開し、米国で広く認められるためには、英語力が欠かせないと説いた。

   さらに、スター選手が通訳に頼るのは,アメリカ国民から歓心を買うことを妨げるとも主張し、野球界の顔は「ブライス・ハーパーやマイク・トラウトのような人物である必要があるが、残念ながら現時点ではそうではない」と述べたという。

   こうした発言が多くの反感を買った。米経済紙「フォーブス」(電子版)によれば、ゼノフォビック(外国人嫌悪)との指摘が複数寄せられているという。

   実際、スポーツキャスターのキース・オルバーマン氏は「今回の大谷翔平選手に関する発言は、アジア人への暴力が蔓延している今、明らかな人種差別だ。すぐに謝罪と停職をすべき」とツイートした。

   スポーツライターのリチャード・デイッチ氏も「我々はプロスポーツにおいて多文化主義と世界的なゲームへの愛を受け入れるべき。大谷選手が通訳を使うことは、彼のことをもっと知りたいと思っている米国のマスコミや一般の人々にとっても有益だ」と投稿した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中