2021年 9月 19日 (日)

ドラマ「推しの王子様」が苦戦...視聴者から厳しい声  「埋もれてはいけない作品」と猛プッシュも

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の比嘉愛未さんが主演するドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)第3話が、2021年7月29日に放送され、世帯平均視聴率が4・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。五輪関連番組の影響もあってか、「右肩下がり」である視聴率に、ネット上ではさまざまな意見があがっている(以下ネタバレあり)。

  • ドラマ公式サイトより
    ドラマ公式サイトより
  • ドラマ公式サイトより

新作乙女ゲームの出資に奔走する

   ドラマのストーリーはこうだ。乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)を手掛ける企業の社長である日高泉美(比嘉さん)は、自社で開発した推しキャラ・ケント様に心血を注いでいるオタク女子。

   次回作に悩んでいたあるとき、ひょんなことからケント様そっくりな青年・五十嵐航(渡邊圭祐さん)と出会うが、実態は残念なほどケント様と正反対。そこで泉美は、航を理想の男に育てることを決心。いわば「逆『マイ・フェア・レディ』」なロマンチックコメディーだ。

   第3話では、新作乙女ゲームの開発に向けて、水嶋十蔵(船越英一郎さん)率いる大企業「ランタン・ホールディングス」に出資を持ちかける。しかし、先方の反応は微妙。担当者もコロコロ代わる上、企画書の再提出を指示された泉美。

   自社のスタッフたちの士気は下がっていき、互いに八つ当たりをしだして雰囲気は最悪。そんな彼らに泉美は社長として鼓舞するが、当の泉美も先方の要望の意図をイマイチ掴み切れないでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中