2021年 9月 17日 (金)

五輪野球でTBSアナ「誤実況」連発...解説の訂正・補足相次ぐ 「落ち着いて」と視聴者

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「伸びた、伸びた、入ったー!ホームラン!」「いや違います、フェンス直撃です」

   東京オリンピック(五輪)野球の日本対米国戦が2021年8月2日に行われ、テレビ中継でアナウンサーが間違える場面が多数あった。

  • 甲斐のサヨナラ打で日本が米国に勝利(写真:ロイター/アフロ)
    甲斐のサヨナラ打で日本が米国に勝利(写真:ロイター/アフロ)
  • 初田アナ(TBS公式サイトより)
    初田アナ(TBS公式サイトより)
  • 甲斐のサヨナラ打で日本が米国に勝利(写真:ロイター/アフロ)
  • 初田アナ(TBS公式サイトより)

解説が大忙しに

   この試合はTBSで生中継され、元ヤクルトの宮本慎也氏(50)が解説、ベテランの初田啓介アナウンサー(50)が実況を務めた。

   放送ではたびたび、初田アナの説明を宮本氏が訂正・補足する場面があった。

   例えば3回裏の坂本勇人選手の打席では、「伸びた、伸びた、入ったー!ホームラン!」と興奮気味に実況したものの、すぐさま宮本氏から「いや違います、フェンス直撃です」と指摘が入った。

   3安打を放った米・コロスバリーの打席では「2本は内野安打です」と振り返るも、またもや宮本氏が「いや違います。2本レフト前で1本内野安打です」と突っ込んだ。

   そのほか、タイムリー内野安打を内野ゴロと言い間違えて訂正するシーンや、今後の試合日程を把握していないかのような発言も飛び出した。

先輩アナ「責める気はない。ただ...」

   視聴者からはSNSで「間違えすぎ」「初田アナ落ち着いて」「宮本さんがやりずらそう」といった反応が寄せられた。

   元フジテレビのフリーアナ・山中秀樹氏(62)はツイッターで、ホームランの言い間違えに「すぐ訂正し、別にそれを責める気はない。ただ、実況アナはモニターTVと肉眼での確認を交互にする。老眼が出始めるとこの作業がツラい。老眼で実況を諦めたスポーツアナは数しれず。早大アナウンス研究会の後輩だけに気になるのだ」と言及した。

   準決勝に進んだ日本は、4日に韓国と対戦する。NHK総合で18時40分(試合開始は19時)から中継予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中