2021年 9月 20日 (月)

久保建英の表情に「笑顔だ!」「安心しました」 号泣から一夜、五輪サッカー代表の集合写真に反響

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京五輪サッカー男子U-24代表にオーバーエイジ枠で参加したDF酒井宏樹(31)が2021年8月7日、大会を終えて代表選手・スタッフらの集合写真をインスタグラムに投稿し、MF久保建英の表情に一部ファンが反応している。

   6日の3位決定戦・メキシコ戦に1-3で敗れた直後、号泣した久保。写真では笑顔を見せており、「久保くんの明るい顔見て、安心しました」といった声も寄せられている。

  • MF久保建英(写真:森田直樹/アフロスポーツ)
    MF久保建英(写真:森田直樹/アフロスポーツ)
  • 最前列左から6人目に久保建英の姿。酒井宏樹のインスタグラム(@hiroki.sakai_19)より
    最前列左から6人目に久保建英の姿。酒井宏樹のインスタグラム(@hiroki.sakai_19)より
  • MF久保建英(写真:森田直樹/アフロスポーツ)
  • 最前列左から6人目に久保建英の姿。酒井宏樹のインスタグラム(@hiroki.sakai_19)より

最前列には頬をほころばせる久保の姿

   インスタグラムで酒井は「全選手、全スタッフの皆さん本当に貴重な経験をありがとうございました。全員が同じ方向を向いていた良いチームでした!」と五輪を振り返る一方、「チームとしても個人としてもまだまだ多くの事が足りないとわかった大会でしたし結果を出せなかった責任を感じています」と課題をあげた。6月にマルセイユ(フランス)からJ1・浦和レッズへの完全移籍が発表されており、「必ず自分を成長させてくれるクラブと確信しているので更なる高みを目指して頑張っていきます!」としている。

   6試合を戦い抜いた日本代表。投稿には「みんなの雰囲気がとっても良くて、見ていて幸せな気持ちになるチームでした」「お疲れ様でした!!! 夢と感動をありがとうございました~」などと労いのコメントが続々と寄せられている。

   酒井はあわせて、選手、森保一監督、コーチ、スタッフら47人の集合写真を投稿。大会を終え、各々がリラックスした様子で肩を組んだり、笑顔を見せたりしている。最前列には頬をほころばせる久保の姿もあった。

   東京五輪は4位で終え、53年ぶりの五輪のメダルには惜しくも届かなかった。メキシコ戦終了の笛が吹かれた直後、久保はピッチに突っ伏し、人目をはばからず号泣。激しい嗚咽が漏れ、しばらく立ち上がれなかった。日本とメキシコ、両チームの選手・スタッフが久保のもとに駆け寄り、優しく肩を叩いていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中