2021年 9月 17日 (金)

五輪閉会式「光のリング」は映像演出だった 現地記者が明かした「現実の光景」に驚き

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2021年8月8日に行われた東京五輪の閉会式。注目を集めた演出の1つが、会場に出現した光の粒が集まって作られた「光のオリンピックリング」だ。

   ただ、この演出は中継用の映像演出だった。現地にいた記者の報告ツイートによれば、会場は真っ暗なまま。テレビ映像との落差に、ツイッターでは驚きの声が広がっている。

  • 写真:新華社/アフロ
    写真:新華社/アフロ
  • 写真:新華社/アフロ

「すげーと思ったのに。。。」

   閉会式序盤の中継映像では、花火の演出とともに光の粒が会場を飛び回り、最終的にオリンピックリングを形成した。五輪公式ツイッターの説明によれば、光の粒は「参加したアスリート、そしてこの大会に直接参加できなかった世界中全ての人々の想い」を表しているという。

   この演出について、閉会式を現地で取材していた英ガーディアン紙のキーラン・ペンダー氏は式の最中のツイートで、

「TV v reality(テレビ対現実)」

とのコメントを添えて、1枚の写真をアップ。そこには、記者席のテレビ画面に浮かぶ荘厳な光のリングと、何もなく真っ暗な会場の様子が映っていた。

   中継映像の演出と現実の様子を対比させたようなこの投稿に、ツイッターでは、

「すげーと思ったのに。。。」
「え、ただのCGだったの??」
「やっぱり現地の皆さんには見えていなかったのか...」
「選手達からしたら『?』だったのかな」

といった声が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中