2021年 9月 22日 (水)

張本勲、女子ボクシングを「こんな競技」呼ばわり 元プロら怒り「お粗末で耐えられない発言」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   野球評論家の張本勲氏が2021年8月8日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で女子ボクシングをめぐって発言した内容が議論を呼んでいる。

  • 張本勲氏
    張本勲氏
  • 張本勲氏

「未だに格闘技を『女なのにこんな競技をやって』という人が......」

   番組に生出演した張本氏は、東京五輪でボクシング女子フェザー級の金メダリスト・入江聖奈選手の活躍に触れ、「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだね」「見ててどうするのかな。嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」と発言。女子ボクシング選手へのリスペクトに欠ける発言にインターネット上で批判の声が相次いでいた。

   女子選手からも憤る声が上がっている。元プロのシュートボクシング日本女子フライ級王者の高橋藍さんは8日、自身の思いをツイートで明かしている。

「『女なのに』と見られることは山程あるけれども、それが称賛に使われるなら、まだいい。でも、未だに格闘技を『女なのにこんな競技をやって』という人が全国放送で発言できることに憤りを感じる」

   高橋さんは自身に寄り添うコメントに対するリプライでも、女子ボクシングへの目線が偏っていることに触れている。

「男性のボクシングについては称賛するのでしょうが、かたや女性が金メダルとったことに対しての言葉としお粗末で耐えられない発言だと思った次第です。。。」
「こーゆー思考を持つ方のおかげで日の目を見ない現代を生きる方もいるのをみると、憤りを覚えてしまうのです...」

   世界5階級制覇のプロボクサー・藤岡奈穂子さんも先述の高橋さんのツイートを引用する形でこの問題に言及している。

「どこ目線から発している言葉なのか。偏りがあり知識のない人を炎上商法として使っているのだろうかテレビ局は。そしてボクシングは『殴り合い』ではない」

   高橋さんと藤岡さんのツイートには、共感のリプライが寄せられている。

「とても残念な発言でしたね!」
「酷いですね。生きてきた時代の影響もあるかもしれないけど、まともな人はまともなので人間性だと思います」
「対戦相手をリスペクトしつつ、卓越した技術を持った同士の純粋な戦いなのにね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中