2021年 9月 20日 (月)

「僕は別にシュート回転しても構わない」 佐々木朗希、たどり着いた直球の「答え」【インタビュー】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   令和の怪物が、新たな境地で闘っている。

   ルーキーイヤーは公式戦未登板に終わった千葉ロッテ・佐々木朗希(19)。今シーズンは一転、一軍での先発登板を重ね、5月にはプロ初勝利をあげた。

   ただ、持ち前のストレートを打たれるケースも目立っている。佐々木は「納得のいくボールは少ない」と課題を口にする。

  • 千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(球団提供)
    千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(球団提供)
  • 千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手(球団提供)

ここまで一軍5試合に先発登板

「自分は観ている側なんですけど、すごく感動させてもらいました。アスリートとして、本当に尊敬しかないです」

   取材を行った2021年7月30日、日本は東京五輪フィーバーの真っ只中だった。佐々木も26日に卓球混合ダブルス(水谷隼・伊藤美誠ペア)の金メダル獲得を目にした。同じアスリートの活躍に、大きな刺激を受けた。

   岩手・大船渡高校時代に最速163キロをマーク。「令和の怪物」と称され、19年ドラフトでは4球団競合の末ロッテに入団した。ルーキーイヤーの昨シーズンは身体づくりのため、公式戦未登板に終わった。今シーズンは3月のオープン戦で実戦初登板を飾ると、4月には二軍公式戦、そして5月16日には西武戦で一軍デビュー(5回4失点で勝敗つかず)。一つ一つ、階段をのぼっていった。

   5月27日の阪神戦。2度目の先発登板は5回4失点で、プロ初勝利をあげた。ヒーローインタビューではウイニングボールを「両親に渡したい」と語った。東日本大震災の津波で父を亡くした佐々木の言葉は、人々の心を打った。ボールは後日、母が住む岩手・大船渡の実家へと届けられた。

   続く6月10日のヤクルト戦では一軍での自己最速155キロのストレートをマーク。6回1失点の好投を見せた。ただ、プロの壁にも直面している。6月24日のソフトバンク戦、7月9日の日本ハム戦では、ともに敗戦。持ち前のストレートを打たれるケースも目立った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中