2021年 9月 22日 (水)

豪雨の甲子園に悲痛「選手たちが可哀相」 バットすっぽ抜け、ゴロは止まり、無情の降雨コールド

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   夏の甲子園・第5日は2021年8月17日、1回戦で大阪桐蔭(大阪)が東海大菅生(西東京)に、8回途中7-4の降雨コールドゲームで勝利した。

   大雨でグラウンドコンディションが悪い中行われたこの試合に、インターネット上では選手の気持ちを慮るような声が上がっている。

  • 阪神甲子園球場
    阪神甲子園球場
  • 阪神甲子園球場

「野球の試合をやる天気では無い」

   第103回全国高等学校野球選手権大会(阪神甲子園球場)は初日9日から台風接近によって順延でスタートした。

   さらに12、13、14日と天候不良で中止。17日も第2試合以降が雨天順延となり、決勝予定日は28日にずれ込んだ。なお31日以降、同球場ではセ・リーグ公式戦が予定されている。

   17日に唯一行われた大阪桐蔭-東海大菅生戦は試合の途中から徐々に雨脚が強くなっていった。ピッチャーが投球時に足を滑らす場面も見られ、グラウンドの状態の悪さにツイッターで「田んぼで野球してる感じ」と揶揄するような声も上がった。

   そして土砂降りで迎えた8回表1死一塁。打席に立った東海大菅生の選手がスイングすると手を滑らせ、バットを一塁側ベンチ近くまで大きく飛ばしてしまう。続く1球をショート前に転がすと、水溜まりで止まり内野安打。1死一、二塁となった。

   すると悪天候を受けて審判が協議し、試合は中断。そのまま再開されることはなく、8回途中で降雨コールドゲーム、大阪桐蔭が7-4で勝利し、2回戦進出を決めた。東海大菅生は無念の幕切れとなった。

   大雨で行われた試合にツイッターでは、

「危ないし可哀想だよ...」
「これはちょっと野球の試合をやる天気では無い」
「余りにも選手達が可哀想すぎるよ」

といった反応が寄せられている。

   また元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏も試合直後にツイッターで、「天気予報の技術があるんやから順延にすればいいだけやろ」「コールド負けした選手たちの心の傷をもっと考えろ!」などと投稿している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中