2021年 9月 19日 (日)

「苦痛を笑いのネタにする番組」がBPO審議入り 「いじめに繋がる...」視聴者から寄せられた「リアルな声」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2021年8月24日、放送倫理・番組向上機構(BPO)は「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」について審議入りすることを決めた。

   BPOは公式サイトで審議入りについて、「個別の番組を対象とするものではない」としつつ、「視聴者やBPOの中高生モニターから、出演者に痛みを伴う行為を仕掛け、それをみんなで笑うような、苦痛を笑いのネタにする各番組は、『不快に思う』、『いじめを助長する』などの意見が継続的に寄せられてきていること等を踏まえ」と説明している。

   なお、BPOのサイトでは毎月「視聴者から寄せられた意見」とのタイトルで、視聴者から送られてきた意見を公表している。今回の決定に影響を及ぼしたと考えられる意見はどんな内容か――。

  • BPOには日頃から、視聴者からのさまざまな意見が寄せられている(写真はイメージ)
    BPOには日頃から、視聴者からのさまざまな意見が寄せられている(写真はイメージ)
  • BPOには日頃から、視聴者からのさまざまな意見が寄せられている(写真はイメージ)

「傷害事件になりかねない。制作者や放送局の常識を疑う」

   8月26日時点で同サイトに掲載されている最新のものは「2021年7月に視聴者から寄せられた意見」。「番組全般・その他」の欄には、

「仕掛け人であるマネージャーがターゲットであるタレントに対して本人を侮辱する暴言を浴びせて怒らせる、というドッキリに非常に不快感を抱いた。激昂したターゲットが仕掛け人に手をあげる寸前だった。傷害事件になりかねない。制作者や放送局の常識を疑う」

とする意見がある。

   また、2021年6月の「番組全般・その他」欄には、

「芸人夫婦の妻側が仕掛け人となって離婚を切り出すいわゆる『ドッキリ」で、夫が号泣していた。いくら『ドッキリ」でも度が過ぎる。番組スタッフに人権を尊重する意識が欠けているのではないか」

と、ドッキリ番組にも限度があるとする意見があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中