2021年 9月 22日 (水)

「SKE48はどうなってしまうんだろう」 松井珠理奈が卒業した時、後輩たちが思ったこと【須田亜香里・林美澪・井上瑠夏インタビュー】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

【「新生SKE48」須田亜香里・林美澪・井上瑠夏インタビュー(2)】

   SKE48で唯一の1期生だった松井珠理奈さん(24)が卒業してから、まもなく4か月。新曲「あの頃の君を見つけた」(2021年9月1日発売)では、20年に劇場デビューしたばかりの10期生で、AKB48グループで最年少の林美澪(はやし・みれい)さん(12)がセンターポジションに起用され、「新生SKE48」の姿が少しずつ見えてきた。

   林さん、8期生の井上瑠夏(いのうえ・るか)さん(20)、3期生でSKE48最年長の須田亜香里さん(29)に、「珠理奈卒業後」のSKE48について聞いた。須田さんは10月31日には30歳の誕生日を迎え、卒業の時期も焦点だ。卒業後を見据えた活動への思いも聞いた。取材は7月中旬に行った。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • 新曲「あの頃の君を見つけた」の振り付け「思い出フィルターダンス」のポーズを取るSKE48のメンバー。左から井上瑠夏(いのうえ・るか)さん、林美澪(はやし・みれい)さん、須田亜香里さん
    新曲「あの頃の君を見つけた」の振り付け「思い出フィルターダンス」のポーズを取るSKE48のメンバー。左から井上瑠夏(いのうえ・るか)さん、林美澪(はやし・みれい)さん、須田亜香里さん
  • 新曲「あの頃の君を見つけた」の振り付け「思い出フィルターダンス」のポーズを取るSKE48のメンバー。左から井上瑠夏(いのうえ・るか)さん、林美澪(はやし・みれい)さん、須田亜香里さん

珠理奈からチャンスもらって「絶対に無駄にしてはいけないという気持ち」

―― さて、松井珠理奈さんが21年4月末にグループを卒業して、3か月が立ちました。SKE48の運営会社「ゼスト」の親会社「KeyHolder」(キーホルダー)は、投資家向けの説明(IR)で、「松井珠理奈の卒業をもって一つの節目を迎えるSKE48をリブランディング。『新生SKE48』へ」と掲げています。卒業で、グループにはどんな変化がありましたか。例えば「『珠理奈卒業後のSKE48』は、こう頑張ろう」といった動きはありますか。

須田: メンバー1人1人の思いのようなものは、芽生えたものもあると実感しています。(珠理奈さんは)私にとっても追いかけ続けてきた存在で、「松井珠理奈のいないSKE48」というものは誰も見たことがないものだったので、「どうなってしまうんだろう」という思いは内部にいてもありましたし、その(卒業の)日を迎えるのはやっぱり緊張しました。卒業後は、1人1人がたくさん珠理奈ちゃんから受け継いだものや、見て学んだものを、より大切に発揮していけるような意気込みを持って活動できているという実感があります。1人1人がどんどん成長していて、頼もしい後輩がすごく増えたので、最年長の私が引っ張らなくても、みんなが一緒にSKE48を引っ張る一員として同じ速度で走っている実感があるので、すごくメンバーが頼もしいです。

―― 「後輩が頼もしい」という点、もう少しうかがいます。前作のカップリング曲には、珠理奈さんがプロデュースした新ユニット「Black Pearl」(ブラックパール)の楽曲が収録されました。9人いるメンバーに林さんと井上さんも選ばれたわけですが、その中でいろいろと珠理奈さんから指導されたこともあると思います。今後、どんな形で生かせそうですか。

林: 「Black Pearl」の楽曲が初めてのMV撮影で、リップシーンなど本当にわからないことだらけでした。本当に緊張していて、表情も固まってしまうことが多かったのですが、目線や表情の作り方を教えてくださったことが、今でも印象に残っています。それを今回の表題曲のリップシーンで少し使えたんじゃないかなと思います。

―― ノウハウが生かせたわけですね。井上さんは、4月11日に行われた珠理奈さんの卒業コンサート後に配信された番組で、

「『頑張ってね』じゃなくて『一緒に頑張ろうね』と言ってくださったのが、すごく心強くて...。すごくうれしかったです。そのひとことが」
と話していました。こういった点が支えになったわけですね。

井上: 珠理奈さんの卒業コンサートで「Dear J」、4月29日の卒業公演で「夜風の仕業」をソロで歌ったときは、めちゃくちゃ不安でした。珠理奈さんの卒業コンサートだから、ファンの方は珠理奈さんのことを一番見たいだろうと思ったからです。「Dear J」をするときに珠理奈さんから「一緒に頑張ろう」「絶対大丈夫だから」と言ってもらえたのが支えになりました。本番後に「なんて言われるんだろう」とソワソワしてたら、こっちに来てくれて「めっちゃかっこよかった」とグーサインしてくれました。初めて珠理奈さんに褒められたのがそのときで、初めて自信を少し持てました。

―― その自信は、今後の活動につながりそうですか。

井上: 珠理奈さんがたくさんチャンスをくださって自信につながった分、それを絶対に無駄にしてはいけないという気持ちがあります。「いい経験だったな」で終わるのではなく、それを次につなげるのは自分自身です。珠理奈さんみたいになれなくても、全力でいつでもどこでも踊ることはできます。今までチームのエースといえば珠理奈さんでしたが、すごく大きな存在の珠理奈さんがいなくなってしまって、これからのチームのエースについて「パフォーマンスで見せていこう」といった話し合いをすることもあります。言葉も大事ですが、「言葉より行動」というか、気持ちをパフォーマンスに乗せて、今の勢いを新曲の勢いに乗せて、もっともっと自分自身をパワーアップできるように頑張りたい気持ちでいます。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中