2021年 9月 22日 (水)

日ハム「人種差別」動画、球団社長が謝罪「許されない」 万波中正の声出し後「日サロ」発言に批判

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球・北海道日本ハムファイターズは2021年8月31日、チームに所属していた中田翔選手(現:巨人)の暴力問題と、チームの円陣を映した動画に収録されていた差別的発言について、お詫びの文書を公式サイトに掲載した。

   川村浩二代表取締役社長は「皆様にご不快な思いやご心配をお掛けしまして、誠に申し訳ありません」と2つの問題について謝罪。「今回の一連の件に関して、皆様からの数多くのご意見を頂戴し、真摯に受け止めております」と伝えた。

  • 日本ハムが「人種差別」指摘の動画を謝罪(画像はイメージ)
    日本ハムが「人種差別」指摘の動画を謝罪(画像はイメージ)
  • 日本ハムが「人種差別」指摘の動画を謝罪(画像はイメージ)

中田の暴力問題「退団前に皆様への謝罪・説明の機会を設けるべきでした」

   中田選手は8月4日、DeNAとのエキシビションマッチの試合開始前にチームメイト一人に対し暴力行為に及んだ。同月11日から「当面の間の一軍・ファーム全試合における出場停止処分」が下されたものの、20日に巨人へ移籍。翌日から一軍の試合にも出場し、22日にはホームランを放っている。

   川村社長は文書の中で、「2018年シーズン終盤に、残留を求める数多くの皆様からのご声援を受けて3年契約を締結するに至ったにもかかわらず、その最終年度途中に、皆様に対して『ファイターズの中田翔』としての声を発する機会を設けぬままの退団となってしまい、皆様を失望させてしまったことを、深くお詫び申し上げます」と中田選手の退団について謝罪した。

   中田選手は巨人移籍時に会見を開き、日本ハム時代の暴力問題について謝罪した。しかし、暴力行為に及んだ日本ハム所属時には会見を開かず、ファンから疑問の声があがっていた。これについて川村社長は「当球団ではトレード時の一般的な慣行に従い、今月20日に中田選手のコメントを公表し、移籍前の会見は控えさせて頂きました」と説明。その上で、

「しかしながら中田選手に『当面の間、一軍・ファーム全ての試合の出場停止処分』を通達しており、退団により当該処分を解除する手続きとなる以上、退団前に皆様への謝罪・説明の機会を設けるべきでした」

   と振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中