2021年 9月 19日 (日)

中田翔「気迫ヘッスラ」で巨人勝利も... 「納得してない」未だ消えないファンのモヤモヤ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球の巨人は2021年8月31日、岐阜・長良川球場でヤクルトと対戦し中田翔(32)が5番ファーストでスタメン出場した。

  • 巨人移籍後初マルチ安打の中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    巨人移籍後初マルチ安打の中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 巨人移籍後初マルチ安打の中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

中田は移籍後初のマルチ安打

   中田は4回にセンター前にヒットを放ち、7回には左中間を破る2塁打。移籍後初のマルチ安打をマークした。チームは乱打戦を制し10-8で勝利した。

   1点ビハインドで迎えた4回、先頭の中田はセンター前へのポテンヒットで出塁。続く大城卓三(28)は四球で歩き、ウィーラー(34)のレフト前ヒットで無死満塁とし、逆転の好機を迎えた。

   このチャンスに8番・松原聖弥(26)がレフトフライを放ち、3塁走者の中田がタッチアップ。中田は本塁に気迫のヘッドスライディングで生還し同点とした。

   各メディアによると、原辰徳監督(63)は中田のヘッドスライディングについて「気持ちの出ている人だから。走塁も含めて、いいと思いますね」と評価したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中