2021年 9月 23日 (木)

パラ閉会式、ネットの注目ポイントは? 「櫻井翔」「ミライトワ」「寂しい」まで...ツイート分析

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   13日間にわたる競技日程が終了した東京パラリンピック。2021年9月5日夜にNHKで中継された閉会式の様子については、ネット上に多数の感想が視聴者から上がった。ツイッターでは放送前後に関連ワードがトレンド入り。そこで、J-CASTニュースはSNS分析ツール「ソーシャルインサイト」を用いて、これらの声を分析した。閉会式では何が注目されたのか。

  • 初登場を達成した2人は、どこか嬉しそう!?(REX/アフロ)
    初登場を達成した2人は、どこか嬉しそう!?(REX/アフロ)
  • 初登場を達成した2人は、どこか嬉しそう!?(REX/アフロ)

「共起された名詞」を見てみると......

   今回使用したのは、「ソーシャルインサイト」の「共起キーワード」という機能。特定の言葉と共にツイートされた別の言葉で多かったものは何かを分析する機能で、今回は「閉会式」という単語で検索した(RT・スパムを除外)。

   その結果、「閉会式」という単語を含むツイート総数は5日だけで9万6141件。前日となる4日は614件であり、また、閉会式の翌6日15時30分までの値は5012件だったことから、5日におけるパラリンピックの閉会式はツイッターでの言及も大きく増えたことが分かる。

   実際に「共起された名詞」を見ていこう。上位20語のうち「パラ」「五輪」といったオリンピック・パラリンピックそのものを表す単語以外では、13位、15位、16位に「櫻井翔」「翔くん」「櫻井」が相次いで登場した。

   閉会式の中継では「嵐」の櫻井翔さん(39)がNHKの阿部渉アナウンサー(53)、和久田麻由子アナウンサー(32)と共に実況を担当しており、閉会式の演出の紹介や、出場選手の裏話などを披露。開会式はNHKアナウンサーのみで実況していたこともあり、櫻井さんの存在に注目が集まったようだ。

   9位に出て来たのは「演出」。閉会式では演出担当者が俳優でイベントプロデューサーの小橋賢児さん(42)であることが報じられていたが、ツイッター上では驚きの声とともに「最高の時間でした」といったコメントが続々と上がっていた。

   14位の「パフォーマンス」の項目は、閉会式の中で披露されたダンスなどに加え、出場選手たちが競技で見せたパフォーマンスを改めて称賛する声があがっていた。このほかにも「感動」という単語や、23年の開催地で式中に映像も流れた「パリ」、さらに大会マスコットの「ミライトワ」「ソメイティ」の単語も登場した。両マスコットはオリパラの開閉会式を通じて初めて出演したことで注目されたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中