2021年 9月 19日 (日)

中田翔の暴力行為、韓国ならどう処分? 現地メディアが指摘した「ルールの違い」とは

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球の巨人・中田翔(32)の移籍後の処分解除問題について、韓国メディアが独自の見解を示した。

  • 巨人の中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    巨人の中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 巨人の中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「日韓の良い点は互いに受け入れよう」韓国メディアが提言

   韓国メディア朝鮮日報(WEB版)は2021年9月7日、日ハムから巨人に移籍した中田の特集記事を掲載し、中田が日ハム時代に起こした同僚への暴力行為などについて言及した。

   特集記事は「日韓の良い点は互いに受け入れよう 中田の謝罪記者会見を参考にして」との見出しが取られ、日本、韓国両国のプロ野球における規約の違いを比較しながら一連の中田の問題について見解を示している。

   記事では、中田が東京五輪期間中に日ハムの後輩選手に暴行を加え球団から出場停止処分を科されたが、8月20日に巨人にトレードされた翌日から1軍の試合に出場した事実を指摘。これは球団移籍と同時に出場処分が解除されたものだとしている。

   移籍後に処分が解除された理由については、日本野球機構(NPB)の野球協約第60条(処分選手と記載名簿)の条項には具体的な出場停止試合数を定めていないためとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中