2021年 9月 26日 (日)

「大人の男はゲームで人生を無駄にすべきではない」 英紙編集者がコラムで主張、批判相次ぐ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大人の男はゲームで人生を無駄にすべきではない――。

   英高級紙「デイリー・テレグラフ」電子版に掲載された意見記事が、物議を醸している。筆者は大人をターゲットにしたニンテンドースイッチの広告について「顧客を幼稚化させることに熱心なようだ」と苦言。読者からは反論の声が寄せられている。

  • 「大人の男はゲームで人生を無駄にすべきではない」英紙編集者の記事に批判相次ぐ(画像はイメージ)
    「大人の男はゲームで人生を無駄にすべきではない」英紙編集者の記事に批判相次ぐ(画像はイメージ)
  • 「大人の男はゲームで人生を無駄にすべきではない」英紙編集者の記事に批判相次ぐ(画像はイメージ)

「顧客を幼稚化させることに熱心なようだ」

   デイリー・テレグラフは1855年創業の高級紙。国内では中道右派の論調で知られる。

   話題になっているのは、9月4日(現地時間)に電子版で配信された「大人の男はゲームで人生を無駄にすべきではない」(Grown men shouldn't be wasting their lives playing video games)という見出しの記事。

   執筆した編集者のカミラ・トミネイ氏は記事の中で、ロンドンの地下鉄に掲出された広告について、こんなことを言及した。

「地下鉄の広告主でさえ、顧客を幼稚化させることに熱心なようだ。私の8歳の娘が大好きな『Switch』を大人の男女がプレイしている任天堂の広告が、しばらくの間、ネットワーク上に貼り出されています」(編集部訳、以下同)

   カミラ氏は「#SetPlaytimeFree」(遊びの時間を解放しよう)というハッシュタグが付けられたこの広告に対し「通勤者の多くがマリオカートやマインクラフト、ポケモンなどをプレイしながら余暇を過ごしている、という誤った推測をしているようだ」と皮肉めいた表現で持論を示す。さらに、

「任天堂は、思春期を過ぎてもなお『プレイタイム』という言葉を使う大人が、地下鉄で見かけるようなタイプではないことに気づかないのだろうか。彼らはeスクーター(電動スクーター)で外を走り回っている、成長しすぎた小学生なのだ」

   との論を展開した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中