2021年 9月 20日 (月)

「あの患者は助かったかもしれない」 夜間救急の必要性訴えた「ナイト・ドクター」に反響

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2021年9月6日に放送されたドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)第10話では、「医療現場の現実」が描かれ、視聴者から改めて夜間救急の必要性について考える声が相次いでいる。

  • フジテレビ「ナイト・ドクター」公式サイト
    フジテレビ「ナイト・ドクター」公式サイト
  • フジテレビ「ナイト・ドクター」公式サイト

「理想はしょせん、夢物語なのだろうか」

   ドラマの舞台は、365日24時間どんな患者も断らない医療を目指す「あさひ海浜病院」が立ち上げた夜間勤務専門の救命医チーム「ナイト・ドクター」。医師6年目の主人公・朝倉美月(波瑠さん)は、そこで熱い意思を持って働き始め、チームで出会った深澤新(岸さん)、成瀬暁人(田中圭さん)、桜庭瞬(北村匠海さん)、高岡幸保(岡崎紗絵さん)という年齢も性格も価値観もバラバラな5人の医師とともに、医療や人生を見つめていくというストーリーだ。

   ※以下、一部ネタバレを含みます※

   第10話では、約2時間たらい回しにされた患者の受け入れをすることができず、また次に運び込まれた患者も予定搬送時間を3分ほどオーバーしたこともあって助けることができなかった朝倉。「(誰でも受け入れるという)理想はしょせん、夢物語なのだろうか...」と無力感に苛まれ、救急救命士・星崎(泉澤祐希さん)も、もしも自分が早く搬送先を見つけていればと自分を責める。そんな2人に対し、チーフドクター・本郷(沢村一樹さん)は、「その悔しさを忘れるな」と声をかけてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中