2021年 9月 19日 (日)

逆転Vに暗雲?巨人が直面する「厳しい現実」 痛すぎるビエイラ離脱、中田獲得も効果なく...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   三つ巴の争いが続くセ・リーグ。失速した阪神をとらえ、2021年8月下旬に首位浮上した巨人がそのまま突っ走ると思われたが、9月3日からの阪神との直接対決で風向きが変わった。

   巨人は全ての試合で先制したが、1戦目と2戦目は逆転負け。3戦目は6点のリードを追いつかれ、痛い引き分けを喫した。阪神が甲子園で息を吹き返して首位を奪回し、巨人は勢いを失った。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 電撃加入した中田翔(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    電撃加入した中田翔(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)
  • 電撃加入した中田翔(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

守護神離脱の緊急事態

   深刻なのは丸佳浩の打撃不振だ。

   9月2日のヤクルト戦から6試合連続無安打。8打数連続三振と打席の内容も悪い。直球に差し込まれ、変化球にバットが簡単に空を切る。9日のDeNA戦の9回裏に同点タイムリーを放ったが、これが26打席ぶりの安打だった。復調となるだろうか。

   前半戦は打撃絶好調だったウィーラーも快音が聞かれなくなり、坂本勇人もなかなか爆発しない。8月に電撃加入した中田翔も結果を残せず、新外国人のハイネマンも全くの未知数だ。

   さらに大きな痛手が守護神・ビエイラの戦線離脱だ。ビエイラなくして、巨人はこの位置にいなかっただろう。

   8月13日の中日戦(東京ドーム)で大谷翔平(現エンゼルス)を超えるNPB史上最速の166キロを計測。剛速球と縦に割れるスライダーを武器に抜群の安定感を誇り、NPBの外国人記録となる32試合連続無失点を達成した。

   7、8月で計12試合登板し、0勝0敗9セーブ、防御率0.00をマークし、自身初の月間MVP受賞が8日に発表されたが、皮肉にもその日に右肘違和感で登録抹消された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中