2021年 9月 26日 (日)

新1万円札はダサい? 数字フォントにSNS不評も...実はユニバーサルデザインだった

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

Togetter社が解説する「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド」<出張版>

   ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)を運営しているスタッフがTwitterで話題になった話題を厳選し、考察するコラムの第18回です。今回のテーマは「新紙幣」。2024年上半期の流通開始が予定されている新一万円札のデザインに関するバズについてお届けします。

  • 新一万円札の見本(財務省の発表より)
    新一万円札の見本(財務省の発表より)
  • 新一万円札の見本(財務省の発表より)

新一万円札のデザインが「ダサい」?

   先日、日本銀行の公式アカウントが新一万円札のデザインをTwitterに投稿。「日本資本主義の父」とも呼ばれる渋沢栄一や東京駅をあしらったデザインそのものに加え、投稿の文面に「じゃーん!」というくだけた言葉が使われていたことも話題を呼び、13万リツイート超と大きく拡散されました。

   そんな新一万円札ですが、ツイッターでは「デザインがダサい」という反応が続出。特に「10000」の表記に違和感を覚える人が多かったようです。

   たしかに今までの一万円札では漢字で「壱万円」と描かれていた部分が、「10000」と大きなアラビア数字になっています。数字のフォントも「かっこいい」と思えるものではないかもしれません。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中