2021年 9月 23日 (木)

密フェス来場者は「HIP HOPの客じゃない」「刺青丸出しに」 人気ラッパーが語った「客層」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   緊急事態宣言下にノーマスクの観客が密状態になって開催され、批判の声が相次いでいる野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI2021(波物語)」をめぐり、人気ラッパー・呂布カルマさんが客層などについて語った動画がインターネット上で注目を集めた。

  • 呂布カルマさんのYouTube動画より
    呂布カルマさんのYouTube動画より
  • 呂布カルマさんのYouTube動画より

「波物語のお客さんって、客層って...」

   呂布さんは2021年9月2日、YouTubeで生配信。ファンから寄せられた「波物語ではゴミのポイ捨ても問題視されてますが、hiphopのイベントって他に比べるとマナー悪い客が多いのは事実なのでしょうか。今回の件でhiphopに対しての偏見がより強くなったのが残念です」との質問に回答する形で、8月末に愛知県常滑市のAichi Sky Expoで開催された「波物語」について説明した。

   呂布さんは、「あのね、これすごく難しい問題なんですけど」と腕組みしながら話し始め、「波物語のお客さんって、客層って、HIPHOPのお客じゃないんですよ、そもそも」とした。

   「これ、言葉かなり選ぶんだけど...細かいことは説明しづらいんですけど、波物語のお客さんって、波物語って元々ビーチパーティーで、水着で来て、刺青丸出しにしてっていうそういうパーティーなんですよ」として、同イベントの客層について見解をこう語った。

「なんで、今みたいな、トラップ(編注:2000年代頃から流行しているヒップホップから派生した1ジャンル)が流行って、若い子とかがファッションで入れるタトゥーじゃなくて、ゴリゴリの和彫りとかをみんな見せに来るとか、そういう人たちがいっぱいいるパーティーなんですね、元々。波物語っていうのはずっとやってるんですけど。なんで、元々HIPHOPのお客さんじゃないっていうのをまず覚えておいてほしいです」

   観客は「(HIPHOPの)クラブとかで見ない人ばっかだから」と説明し、「なんで、ポイ捨て問題っていうのは勿論問題なんだけど、あれは別に...なんて言うんだろうな、ハロウィンの時に渋谷がめっちゃ汚れてんのと一緒。別にHIPHOPの客が特別どうこうとかじゃないですね」として、波物語をめぐる一連の問題についてこう語った。

「波物語は波物語の客層っていうのがあって、なんで、それ(客層は)知らないからね、みんな。だから俺は今回のことは何ら驚かないし、そりゃそうなるよねっていう感じですね」

「ニュースで見た層には伝わらない

   生配信のうちこうした発言部分を、呂布さんは3日「話題の波物語【公式呂布カルマ切り抜き】」と題して切り抜き動画で改めて公開。ヒップホップファンというユーザーからは納得できるとする声が多くあがっている。

「ヒップホップのクラブやデカイイベントも何度も行ってるけど、あんな風になってんのは見たことない。すげえ腑に落ちた」
「ハロウィンでポイ捨てまつりするからといって、コスプレイヤーがどうこうって話ではないってことか、なるほど」

   しかし、世間からの視線は「ヒップホップ業界」と一括りにされ、業界全体のイメージ低下は避けられないのではないかとする声もある。

「少なくても、傍から見ればクソもミソも一緒なのが一番きついのよね 仮に絶対違うって言っても、ジブラさんや般若さんが出てるイベントってのが致命的なところ」
「呂布カルマの動画をわざわざ見に来る人にこの裏側が伝わっても、ニュースで見た層には伝わらないので、hip hopのファンがそういう輩だという意見には何の影響もない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中