2021年 9月 19日 (日)

58歳「代役」ボクサー109秒TKOの舞台裏 10年ぶり復帰戦、オファー受け入れは8日前...

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ボクシングの元ヘビー級統一王者イベンダー・ホリフィールド(58)=米国=が2021年9月11日(日本時間12日)、米フロリダ州ハリウッドで行われたヘビー級8回戦(1ラウンド2分)に出場し、総合格闘技UFCの元王者ビトー・ベウフォート(44)=ブラジル=に1回1分49秒TKO負けを喫した。

  • 10年ぶりに復帰したホリフィールド(写真:AFP/アフロ)
    10年ぶりに復帰したホリフィールド(写真:AFP/アフロ)
  • コメンテーターとして解説を務めたトランプ氏(写真:AP/アフロ)
    コメンテーターとして解説を務めたトランプ氏(写真:AP/アフロ)
  • 10年ぶりに復帰したホリフィールド(写真:AFP/アフロ)
  • コメンテーターとして解説を務めたトランプ氏(写真:AP/アフロ)

代役受け入れたのは試合8日前

   10年ぶりのリングとなったホリフィールドは初回、ベウフォートの左ボディーからの連打で防戦一方となりいきなりピンチを迎えた。その後もベウフォートのプレッシャーの前にガードを固めたまま反撃出来ず、左ストレートから左アッパーのコンビネーションでダウンした。

   ホリフィールドはなんとか立ち上がったものの、挽回の気配は見られずベウフォートが連打で追い詰めたところをレフリーが両者の間に割って入り試合をストップした。

   元統一王者の10年ぶりの復帰戦は戦前から苦戦が予想され、現実は大方のボクシング関係者やファンが予想した通りの結果となった。

   当初ベウフォートと対戦を予定していたのは、世界6階級制覇のオスカー・デラホーヤ(48)=米国=だった。ところがデラホーヤが新型コロナウイルスの陽性反応を示したため出場を辞退。その代役としてホリフィールドに白羽の矢が立ったわけだが、海外メディアによるとホリフィールドが代役を受け入れたのは試合の8日前だったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中