2021年 9月 22日 (水)

「乳児殺害遺棄」報道で妊娠相談窓口も「紹介して」 支援団体のマスコミ要望に反響、背景を聞く

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
「マスコミの皆さん!!赤ちゃん遺棄事件について報道する時は、同時に全国妊娠SOSネットワークを紹介してください!!!」

   東京都内の公園で生後間もない女児の遺体が見つかった事件をめぐり、妊娠相談窓口を設置する団体がこう呼びかけている。

  • 「キミノトナリ」ツイッターより
    「キミノトナリ」ツイッターより
  • 「キミノトナリ」ツイッターより

「力になってくれる人がいることを伝えてほしい」

   トイレで出産した直後に女児を殺害し、遺体を公園に埋めたとして、元大学生の母親(23)が殺人などの罪に問われている。

   2021年9月13日に初公判があり、その模様は複数のメディアで報じられた。ニュースサイト「FNNプライムオンライン」によれば、弁護側は「妊娠を誰にも相談できず、突然の出産と激しい痛みで、パニックで頭が真っ白だった」と主張している。

   「にんしんSOS仙台」として妊娠や出産に関する無料相談を受けるNPO法人「キミノトナリ」(宮城県仙台市)は13日、メディア関係者に対し、冒頭の要望をツイッターに書き込んだ。

   関係者への影響に配慮し、関連報道では相談窓口も併せて紹介してほしいとする。キミノトナリが連携する一般社団法人「全国妊娠SOSネットワーク」のウェブサイト(https://zenninnet-sos.org/)では、各地の相談窓口が掲載されている。

   投稿は多くの賛同を集め、「これは直ぐに手掛けて欲しい」「相談先があること、力になってくれる人がいることを伝えてほしい」といったコメントが寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中