2021年 10月 29日 (金)

河川敷に大量ゴミ放置、近隣住民が怒りのツイート コロナ禍で「隠れBBQ」横行か

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   神奈川県相模原市内の道志川河川敷で、バーベキュー後とみられるゴミが大量に放置されていたと、近隣住民がツイッターに写真を投稿して怒りを露わにしている。

   石で作ったコンロの置き台の周辺に、肉などを焼いた後の金網やカレーが残ったようなプラスチックの皿、ペットボトルや空き缶、ゴミ袋...。こうしたものが、河原の土の上に大量に散乱している。

  • 人の出入りが増えて車の乗入れ禁止に(写真は、投稿者提供)
    人の出入りが増えて車の乗入れ禁止に(写真は、投稿者提供)
  • 河川敷に放置された大量のゴミ(写真は、投稿者提供)
    河川敷に放置された大量のゴミ(写真は、投稿者提供)
  • 人の出入りが増えて車の乗入れ禁止に(写真は、投稿者提供)
  • 河川敷に放置された大量のゴミ(写真は、投稿者提供)

スーパーの袋が同一店舗だったため、同じグループの可能性

   この写真は、河川敷周辺に住んでいるというツイッターユーザーが2021年9月21日に投稿した。

   投稿者は、現場近くの住人にも手伝ってもらい、ゴミ袋を持って来てすべて片付けたという。その結果、45リットル入りゴミ袋で3袋分いっぱいになり、積んだ車の中まで臭くなってしまったと、ゴミを捨てた人たちに怒りをぶつけた。現場には、まだ飲んでいないコーヒー缶や未使用のマスクも放置されていたともいう。

   新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の発令が続き、道志川沿いのキャンプ場が県外客などの受け入れを断るとするところもあることから、この投稿者は、キャンプ場などからあぶれて来たのではないかと指摘した。

   投稿者は24日、J-CASTニュースの取材に応じ、場所は、相模原市緑区にある横浜市水道局青山水源事務所のすぐ隣にある河川敷だと説明した。19日16時ごろ、友人と山菜採りに河川敷へ行ったときに大量のゴミ放置を見つけたそうだ。スーパーの袋が同一店舗だったため、同じグループではないかという。

   コロナ禍以前は、ここでバーベキューをする人はほとんどおらず、「道路から人目につきにくいので隠れてバーベキューをやってたのでは」と推測した。

   ゴミが放置された弁天橋上流の河川敷では、「車両乗入れ禁止の告知」の札がかかったゲートが8月13日から車両進入路に設置され、神奈川県や相模原市が感染拡大防止のため乗入れの自粛を当面の間求めている。

   投稿者は、ゴミを放置する人がいるからこうした措置になったのではないかとした。この状態が続けば、乗入れの自粛要請が長引いたり完全に封鎖されたりする可能性もあるらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中