2021年 10月 23日 (土)

神奈川県警がまさかの「エルシャダイ」起用 交通安全PRに大反響、狙いを聞く

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「バイクで通勤をしているみなさん! あなたのバイク通勤時の装備は『大丈夫』ですか?」――神奈川県警察本部交通部交通総務課はツイッターで、人気ゲーム「El Shaddai -エルシャダイ-」の名シーンになぞらえてバイク通勤時の「装備」の見直しを訴えた。

   このユニークな呼びかけは大きな注目を集め、1万リツイート、1万「いいね」を超える大きな反響を呼んでいる。

   J-CASTニュースは2021年9月24日、県警にツイートの狙いや背景を聞いた。

  •  神奈川県警察本部交通部交通総務課のツイート
    神奈川県警察本部交通部交通総務課のツイート
  •  神奈川県警察本部交通部交通総務課によるアンケート
    神奈川県警察本部交通部交通総務課によるアンケート
  •  神奈川県警察本部交通部交通総務課のツイート
  •  神奈川県警察本部交通部交通総務課によるアンケート

なぜ「エルシャダイ」を起用したのか

   「エルシャダイ」は2011年4月28日に発売された3Dアクションゲーム。プロモーションビデオ(PV)での登場人物らのセリフが大流行し、インターネット上で根強い人気を博している。PVの動画や画像は現在、フリー素材として配布されており、各所で用いられている。

   神奈川県警交通総務課は21日、主人公・イーノックが装備を着用するシーンの画像をツイートに添付した。選んだ装備が弱すぎて大敗を喫する直前、名セリフ「大丈夫だ問題ない」を叫ぶ場面だ。事故に遭う前に「装備」の見直しを訴えるものとして受け止められ、大きな反響を呼んだ。

   なぜエルシャダイを起用したのか。同課によれば、エルシャダイの大流行を印象的に覚えていた警察官が、同作をフリー素材として活用できることを知り、ツイートを企画。セリフ中の「装備」という言葉やフリー素材として提供されている画像が、バイク乗車時の服装、ヘルメット、二輪車用プロテクター、エアーバッグジャケットをイメージしやすいと考えたそうだ。

   さらに同課では、かねてより二輪車を利用して出勤する30歳代から50歳代の年齢層に届く情報発信をしたいと考えていたという。その背景として県内では、交通事故で亡くなった人のうち、二輪車乗車中に死亡した人の割合は全国平均と比べ非常に高いことをあげる。2020年に二輪車乗車中に死亡した人は、30歳代から40歳代が半数以上を占めており、通行目的別で分析すると約4割が通勤中(出勤及び退勤)に亡くなっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中