2021年 11月 28日 (日)

「反ワクチン」言説、ニコニコ動画で拡散 対策遅れ「規制回避地」として人気に

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「ランキング1位に反ワクチンはまずい」

   いわゆる「反ワクチン本」の著書で知られる医師は8月下旬、ユーチューブに投稿していた動画がポリシー違反で相次いで削除されたとして、ニコ動に軸足を移すとSNS「GETTR(ゲッター)」で表明した。

   この医師はツイッターアカウントも凍結されている。「(各プラットフォームの規制に)対抗するため、ニコニコ動画さんにお世話になることにいたしました。他では語れないコアな内容、やばい話などを皆さんと共有したいと思います」とニコ動で呼びかけている。

   また、反ワクチン論を唱える著名漫画家は9月上旬、ユーチューブ動画が「誤った医療情報」が含まれているとして削除され、たび重なる違反でチャンネル自体も消されたとブログで明かした。発信はニコ動で続けるとし、ユーチューブで削除された動画を次々に転載している。

   こうした現状に、利用者からは対策を求める声も少なくない。ツイッターでは「ランキング1位に反ワクチンはまずいでしょ」「人命に関わることなので厳しく対処してほしい」といった意見が寄せられている。

   運営会社の「ドワンゴ」(東京都中央区)に、新型コロナウイルスをめぐるポリシーや誤情報対策などを質したが、回答はなかった。

   ニコ動のガイドラインによれば、不適切なコンテンツへの対策に取り組んでいるものの、「ニコニコによる規制は最小限にとどめます」「ニコニコ運営の対応に過度の期待をしないようにしましょう」と明記している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中