2021年 12月 8日 (水)

まるでコミケ...攻めたPOPのファミマが話題に なぜこんな状況に?店員に真相を聞いた

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

店員は「レモンチーズのスフレ・プリン」の発案者

   キノ店員は、話題となったポップで紹介したデザート「レモンチーズのスフレ・プリン」の発案者でもある。

   「スフレ・プリン」はファミリーマートの人気デザート。同社では春ごろに「スフレプリンコンテスト」を開催し、全国各地のスタッフからご当地フレーバーを募った。3110件のアイデアの中から、「見た目」「味」の審査を各エリアで実施し、選出された6種類のうちの1つが、キノさんの発案した「レモンチーズのスフレ・プリン」だった。

   キノ店員が発案したもののほか、北日本、中日本、西日本、南九州、沖縄の5エリアでも、それぞれのご当地スフレ・プリンが販売されている。この6種の中から最も販売が好調な商品は、22年2月から全国販売されることになる。

   キノ店員は全国展開を目指し「やれる事は全てやろう」と意気込み、話題となったポップやタペストリーなどを制作し、店舗で宣伝を行っていた。

   こうしたポップがSNS上で話題になったことについて、キノ店員は「素直に嬉しいですし、やってきて良かったと思います」とコメント。またキノ店員は、自身のツイッター上でもスフレ・プリンの販促を行っており、「Twitterを通して色々な方と繋り、POPに注目してくれたり お店に買いに来てくれたりしたので、そこが良かったと思いますし有難いと思います」と振り返った。

   そのうえで「今まで通り商品の告知をPOP等を通じて、多くの人に伝えていけるように頑張っていきたいと思います」と今後への意気込みを語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中