2022年 5月 23日 (月)

「英単語ターゲット」表紙の犬が「ドヤ顔」に 改訂版の表情が話題、出版社が明かす「目力」の魅力

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   旺文社(東京都新宿区)が発行する大学受験用の英単語帳「英単語ターゲット」シリーズをめぐり、リニューアルされた表紙が今、SNSで大きな注目を集めている。「ターゲット」といえば表紙の犬。その犬の表情が以前よりどこか凛々しくなり、まるで「どや顔」しているようだという。

   同シリーズは2020年に8年ぶりの改訂がなされていた。J-CASTニュースは2021年10月11日、旺文社に表紙の犬へのこだわりを取材した。

  • 犬の表紙でお馴染み、以前の「英単語ターゲット」(5訂版)
    犬の表紙でお馴染み、以前の「英単語ターゲット」(5訂版)
  • 6訂版の表紙の犬が「ドヤ顔」に
    6訂版の表紙の犬が「ドヤ顔」に
  • 4訂版
    4訂版
  • 3訂版から犬が登場した
    3訂版から犬が登場した
  • 改訂版では犬が登場せず
    改訂版では犬が登場せず
  • 初版のターゲット
    初版のターゲット
  • 犬の表紙でお馴染み、以前の「英単語ターゲット」(5訂版)
  • 6訂版の表紙の犬が「ドヤ顔」に
  • 4訂版
  • 3訂版から犬が登場した
  • 改訂版では犬が登場せず
  • 初版のターゲット

犬の起用に「3つの説」

   「英単語ターゲット」シリーズは1984年に初版が刊行されて以来、累計発行部数1900万部を超えるベストセラーだ。

   旺文社は2020年1月、「大学入学共通テスト」が導入されたことなどを受け、最新の「英単語ターゲット1900 6訂版」を発行した。今回の改訂は8年ぶりで、「話す・書く」能力の養成ができるよう、すべての例文がよく用いられる他の語との組み合わせ(コロケーション)を含む文になるよう書き換えるなどの変更を行った。英語4技能(読む・聞く・話す・書く)の評価を含む大学入試改革・新学習指導要領の方向性に合わせる狙いがある。

   ツイッター上では2021年10月5日、「『表紙の犬がドヤ顔になる』という英単語ターゲットの中でも最も謎の改定」という投稿で今回の改定に大きな注目が集まった。

   このツイートには、1万リツイート、8万「いいね」を超える大きな反響が寄せられている。さらには、元愛用者とみられるユーザーからも「俺は好きだよターゲット犬」「うわなつかし、これ。犬が成長しているの草」といった声が寄せられている。

   旺文社によると、表紙に犬を起用し始めたのは約20年前に3訂版を発行したときのこと。当時の担当者が退職してしまったため、なぜ犬を起用したのかは明確に分からないものの、当時を知る人によれば3つほど説があるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中