2022年 1月 21日 (金)

橋下徹氏、娘の説得で「タトゥー解禁」 「今の日本社会でアカンやろ、と言ってたんですけど...」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「パパ、それはちょっと時代の流れにもう乗ってないよ」

   そのうえで橋下さんは、「うちの娘は、美術系の仕事をやってるから。『彫る方をやりたい』と言って、この間研修を受けて」と、娘はタトゥーを入れる側ではなく、いわゆる彫り師を目指していると語った。

「言ったら彫り師です。今はファッションだし、民族によっては民族のアイデンティティであれ(入れ墨を)彫っていると。色々説得されて。僕は大阪市の職員は公務員だから、公務員が率先して(入れ墨を)やるのは良くないだろうと思ってたけど、民間はこれしょうがないなって」

   また、入れ墨を隠さずに会見を開いた外国人サッカー選手に対し「日本の今の状況に合わせてほしい」と橋下氏が番組で語ったところ、「パパ、それはちょっと時代の流れにもう乗ってないよ」と指摘されたと明かし、「もう(自身の価値観が)古いのかもわかんない」とも振り返った。

   辛坊さんも、「最後はまあ、自分の人生だからなあ。でも親としては考えるよね」と悩ましい親心を明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中