2021年 12月 8日 (水)

オタクの中川翔子に「一番似合わないセリフ」とは TBS「ハンオシ」にツッコミ「説得力なくて草」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の清野菜名さんと坂口健太郎さんが出演するドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)の第1話が、2021年10月19日に放送され、共演するタレント・中川翔子さんから放たれた意外なセリフに反響があがっている。

  • 中川翔子さん
    中川翔子さん
  • 中川翔子さん

結婚願望ゼロのヒロインとは真逆! 婚活に奮闘する先輩役

   漫画家・有生青春さんによる同名マンガが原作。27歳のデザイナーで「生涯独身上等、おひとり様最高」というヒロイン・大加戸明葉(清野さん)と、30歳サラリーマンで既婚者の肩書きを手に入れたい・百瀬柊(坂口さん)が偽装結婚をすることから始まるラブコメディーとなっている。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   中川さんが演じるのは、明葉の同僚で先輩のデザイナー・小杉深雪。結婚願望は人一倍強いが、20代で趣味を謳歌しすぎてしまったため、30歳を過ぎて慌てて婚活を始めたという役どころ。最近、毎週のように婚活パーティーに精を出しているらしい。

   仕事を終え帰宅し、着心地のいい部屋着に着替えて、お気に入りのソファーで1人ビールを流し込むのが至福だと感じる明葉。同僚たちとの結婚トークのなか、ある同僚が「じゃあそろそろ焦らないとな...」と27歳になった明葉をせっつくと、明菜は「私は結婚とか別にいいんで」とキッパリ断る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中