2021年 12月 4日 (土)

1位は誰だ!「アルパカダービー」に癒される人続出 レースの魅力とは?牧場に聞く「面白さ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   約100メートルのレースコースをアルパカが猛ダッシュで駆け抜ける。そんな画像がSNS上で拡散され、大きな注目を集めている。

   話題となったのは、長野県富士見町の八ケ岳アルパカ牧場で開催されている「アルパカダービー」。同所では馬券ならぬ「パカ券」が500円で販売されており、1着を切るアルパカを当てると園内で1000円分の買い物ができるという。

   J-CASTニュースは2021年10月21日、同園の牧場責任者であり広報係を務める井手真哉さんに、アルパカダービーを企画した意図を取材した。

  • SNSで話題の「アルパカダービー」(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
    SNSで話題の「アルパカダービー」(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • アルパカたちが走る(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
    アルパカたちが走る(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • 出走するのはオスと子供のアルパカ(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
    出走するのはオスと子供のアルパカ(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • アルパカ(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
    アルパカ(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • アルパカ(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
    アルパカ(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • パカ券(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
    パカ券(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • SNSで話題の「アルパカダービー」(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • アルパカたちが走る(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • 出走するのはオスと子供のアルパカ(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • アルパカ(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • アルパカ(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)
  • パカ券(画像:八ヶ岳アルパカ牧場提供)

「動きのある一面を見せたい」

   八ヶ岳アルパカ牧場は2016年にオープン。標高1000メートルに位置し、八ヶ岳の麓や南北のアルプスが見える。園内には多数のアルパカが暮らしており、アルパカショーやエサやり体験などを楽しむことができる。こうした催しの中でも、多くの人が目当てに訪れるのが「アルパカダービー」だ。

   井手さんによると、アルパカの走った時の最高時速は60キロ。普段は大人しいアルパカの動きのある一面を見せたいと考え、開催するようになったそうだ。

   走らせるのには、アルパカの習性を利用しているという。

「アルパカを走らせる方法は2パターンあります。走るのはオスのアルパカと子供のアルパカです。ゴール地点、園の奥にある『わくわく広場』にメスのアルパカがいます。オスはメスを見ると駆けていく、子供のアルパカは親の元に帰るために駆けていきます」

   来場者は好みのアルパカの「パカ券」を購入することができる。1着を当てると購入額の倍のお買い物券になるが、外れても元値500円のお買い物券として利用できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中