2021年 12月 6日 (月)

フライング発表された中日コーチ陣 立浪和義氏が「間違いない」と認めたその陣容は

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球中日から次期監督の就任要請を受けている立浪和義氏(52)が2021年10月24日深夜放送の「S-PARK」(フジテレビ系)に出演し、来季のコーチングスタッフについて言及した。

   番組では来季の中日のコーチングスタッフを独自調査し、新体制の一部の役職を実名で予想した。

  • 中日次期監督の要請を受けている立浪和義氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    中日次期監督の要請を受けている立浪和義氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中日次期監督の要請を受けている立浪和義氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

2軍監督に片岡氏、投手コーチは落合氏と大塚氏が

   独自調査では、2軍監督にはPL学園時代の同期・片岡篤史氏(52)、投手コーチは落合英二氏(52)と大塚晶文氏(49)。打撃コーチは中村紀洋氏(48)と森野将彦氏(43)で、内野守備走塁コーチは荒木雅博氏(44)、外野守備走塁コーチは大西崇之氏(50)。バッテリーコーチは西山秀二氏(54)だった。

   番組を進行したアナウンサーから上記の予想について「ずばりあっているのでしょうか?」と問われた立浪氏は「これはよく調べたと思います。今は情報が先に出ますから」と前置きし「間違いないんじゃないですかね」と答えた。

   さらに立浪氏は2軍監督として名が挙がった盟友・片岡氏について「2軍監督というのはとにかくどんどんいい選手が育ってくれないといけないですし、彼はそういった力を持っている男だと思っているので任せられるかなと」と全幅の信頼を寄せていた。

   また、片岡氏をヘッドコーチではなく2軍監督に起用する狙いについて「(2人の間が)近すぎるとよくないので、距離感がいいのかと思います」と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中