2021年 12月 3日 (金)

ヤクルト田口「エア胴上げ」に感動 元同僚・大竹引退に、遠く離れた1塁側から...

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   今季限りでの引退を表明していたプロ野球・巨人の大竹寛投手が、2021年10月24日のヤクルト戦(神宮球場)で最終登板し、試合後には巨人ナインから胴上げが行われた。

   対戦相手のヤクルト側のブルペン付近で、引退登板と胴上げの様子を見守っていたのが昨年までチームメイトだった田口麗斗投手。その光景にファンからも温かい視線が送られた。

  • 2019年プレミア12での田口麗斗投手(写真:アフロ)
    2019年プレミア12での田口麗斗投手(写真:アフロ)
  • 2019年プレミア12での田口麗斗投手(写真:アフロ)

涙ぐんで目元をぬぐう様子も

   田口は21年シーズン直前の3月1日、廣岡大志内野手とのトレードで巨人からヤクルトに移籍、それまでは大竹とチームメイトだった。

   10月24日の試合で8回裏に大竹が登板すると、投球をヤクルト側のブルペンから帽子を取って見つめる田口の姿が球場のファンの目に留まる。観客がツイッターに投稿した写真では、涙ぐんで目元をぬぐう様子も見られた。

   試合は6対4でヤクルトが勝利し、試合後のグラウンドでは、巨人ナインにより大竹が胴上げされる。

   観客の撮影した動画をみると、一塁側でダグアウト裏に引き上げるヤクルトナインの中で、胴上げが始まると田口は1人両手を上げて万歳を繰り返す。三塁側の巨人ナインと一緒に「エア胴上げ」をしているかのような格好で、その後で拍手を送っていた。

   そして大竹の引退セレモニーが終わると一塁側スタンドで優勝争いラストスパートのファンを鼓舞する。明るい性格でチームとファンを盛り上げていた田口のこの姿にはファンも共感し、「良い奴」「胴上げに加わりたかっただろうな」と温かく見守っていたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中