2021年 12月 6日 (月)

阪神V逸と「29年前の因縁」 中日に敗れ当時も優勝逃す...抑えは与田剛、捕手は矢野燿大

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2021年のプロ野球セ・リーグのペナントレースは10月26日にヤクルトの優勝が決定、2位阪神との熾烈なマッチレースを制した。

   ヤクルトと阪神が終盤まで優勝を争ったシーズンは1992年、2015年に次いで3度目。今季は優勝が決まった26日の試合前から、1992年シーズンのヤクルト・阪神・中日の因縁が今季に似ているのではないかとファンにクローズアップされるようになった。

  • 阪神・矢野燿大監督(写真:アフロスポーツ)
    阪神・矢野燿大監督(写真:アフロスポーツ)
  • 阪神・矢野燿大監督(写真:アフロスポーツ)

与田監督ラストゲームで完封

   10月26日の試合前のヤクルトのマジックは残り3試合で2。阪神はこの日の中日戦(甲子園)が最終戦で、阪神がこの試合に勝利した場合、ヤクルトが3試合で2敗すれば逆転優勝の可能性があった。

   しかし、ヤクルトが横浜スタジアムでDeNAに勝利し、阪神は4-0で中日に敗れ夢は潰えた。

   阪神と同じく26日で全日程を終えた中日はこの試合で主軸ビシエドが欠場するも相手のミスにも乗じて4点を取り、投手5人の完封リレーで今季限りで退任する与田剛監督のラストゲームを飾った。阪神は中日に引導を渡された形だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中