2021年 12月 6日 (月)

木下優樹菜さん「マジでやめて」「本当に怖い」 週刊誌の直撃取材に怒りの提言「ルール決めよう」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   活動再開を宣言している元タレントの木下優樹菜さんが2021年11月13日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、週刊誌記者の取材手法に苦言を呈した。

  • 木下優樹菜さん(写真:アフロ)
    木下優樹菜さん(写真:アフロ)
  • 木下優樹菜さん(写真:アフロ)

「前に来て挙手してほしい」

   この日「週刊誌の記者を救いたい【今回の報道と今後の取材について】」というタイトルで動画をアップした木下さんは、写真週刊誌から「めちゃくちゃ怖かった」と感じる取材を受けたと告白した。

   友人が車に同乗中、直撃取材を受けた際の動画を公開。また、街を歩いているだけで背後から突然声をかけられるとし「歩きの状態の背後はマジでやめてほしい。あれは本当に怖い」「週刊誌の方って背後からさ、『すみません!木下さんですか?』って来るじゃん。マジでびっくりするから」と話している。

   「ルール決めよう。話したいんだったら一回、回って前に来て挙手してほしい。前から来て挙手してくれたら『ああ、ね』ってなるから」と提案し、用事などがあり話す余裕が無いときは「すみません」と断る旨を話した。

   車に乗っている木下さんを追っていた記者が、道路に身を乗り出し轢かれそうになったこともあったという。木下さんは記者に「『危ない! 待って!』みたいな。なんで優樹菜が守ってるの?」とツッコミ、「とりあえず優樹菜だけしか見てないのはわかるけど右左ちゃんと確認してから来てほしい」と注意する様子も見せている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中