2021年 12月 4日 (土)

末期がんのラーメンブロガー、死後のSNSに... ドラマ「ラジハ2」感動展開に「こんなん泣いちゃう」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の窪田正孝さんが主演を務めるドラマ「ラジエーションハウスII ~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)。2021年11月15日放送の第5話では、ラーメン好きな末期がんの患者の生き様が描かれ、視聴者の注目を集めている。

  • 窪田正孝さん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
    窪田正孝さん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • ドラマ公式ツイッターより
    ドラマ公式ツイッターより
  • 窪田正孝さん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • ドラマ公式ツイッターより

底抜けに明るい末期がん患者・今井との出会い

   原作は、作・横幕智裕さん、画・モリタイシさんの同名マンガ。2019年4月期に同じ枠で放送されたドラマの続編で、医療現場の「縁の下のヒーロー」とも称され、レントゲンやCTで見えない病を見つけ出す診療放射線技師たちの活躍を描く。

※以下、一部ネタバレを含みます※

   主人公・五十嵐唯織(窪田さん)の同僚・悠木倫(矢野聖人さん)は、知識が多く優秀な技師だが、患者との雑談や愛想などは「無駄」だと考えているドライな性格。とにかく時間を無駄にすることを嫌い、食事はもっぱらサプリメントという徹底ぶりだ。

   あるとき、悠木は尿管結石の痛みに倒れ入院すると、隣の病床に末期がんの患者・今井(戸塚純貴さん)がいた。

   今井は、26歳の若さで精巣がんが全身に転移し、緩和ケアを受けている状態。残された時間は少ないが、底抜けに明るい性格で、大好きなラーメンを食べ歩いては「ラーメン太郎」のユーザーネームでSNSに感想を書くということを趣味としていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中