2021年 12月 3日 (金)

「この体を言い訳にはできない」 毎朝4時半起きで出社準備、手足3本失った僕の「朝の過ごし方」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   20歳の時に事故で右手と両足を失った山田千紘さん(30)は、1人暮らしで日常生活を送っている。朝は当然、左手1本ですべての支度を整える毎日。4時半に起床し、6時には家を出て仕事をしている。「朝は時間に余裕を持つようにしている」という。

   こうした朝の生活をするようになった背景には、手足が3本ないその体がある。「悔しい思いをしたから奮起した」という山田さん。どのように朝を過ごしているのか。その理由は。本人が語った。

   【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

  • 仕事の身支度を整えた山田千紘さん。両足に義足、右手には装飾義手をつけている
    仕事の身支度を整えた山田千紘さん。両足に義足、右手には装飾義手をつけている
  • 仕事の身支度を整えた山田千紘さん。両足に義足、右手には装飾義手をつけている

朝食は弁当の余りやおにぎりなど

   「左手1本でどうやって生活しているの?」。1人暮らしをしていますが、YouTubeやSNSで情報発信していると、たまに聞かれます。確かに、気になるかもしれません。

   家の中では車いす、外出時は義足を履きます。週5日フルタイムで働くサラリーマンで、航空関連会社に勤めています。新型コロナウイルスの影響でテレワークの日もありますが、電車に乗って出社もします。

   起床は4時半くらい。遅くても5時です。汗っかきで寝汗がすごいので、朝起きたらまずシャワーを浴びます。天気が良い日は洗濯機を回し、シャワーを出たら弁当の用意をします。弁当が出来上がる頃に洗濯が終わるので干します。

   朝食は弁当を作りながら余った物で食べたり、おにぎりを作って会社に持っていき、着いてから食べたりします。米は5合くらいまとめて炊いて、冷凍でストックしておくので、おにぎりは手早くできます。3食のうち昼食に重きを置いているので、朝は軽くてもいいです。だから朝食なしの日もあります。時間との兼ね合いで選びます。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中