2021年 11月 28日 (日)

Twitterで「ケンタッキー祭り」が起きたワケ ウェブ広告への不満をネタに?拡散の背景は

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)を運営しているスタッフがTwitterで注目された話題を厳選し、考察するコラムの第27回です。今回は「ケンタッキー」がTwitterで突然トレンド入りしたことについて掘り下げます。

Togetter社が解説する「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド」<出張版>

   先日、「『ケンタッキー』と呟くことでタイムライン上に表示される広告をケンタッキーのものにしよう」というアイデアがTwitter内で拡散。たくさんの人がいっせいに「ケンタッキー」とツイートし、トレンドワードとなりました。

<Twitter、とりあえず『ケンタッキー』って呟いとけば広告がケンタッキーになるので興味ない広告を見なくて済むかもしれない「まじで広告出てきた」 - Togetter>

   その背景には、Twitterユーザーの広告へのネガティブな感情が見え隠れします。

   Web広告は必ずしも見たいものばかりが表示されるとは限らないうえ、見た人のコンプレックスを煽るようなものが問題視されることも。そういったユーザーの不満や葛藤が蓄積した結果、「どうせなら自分が好きなものの広告を見たい!」と考える人が増えてきたようです。

   ケンタッキー側からすると意図しない突然のトレンド入りでしたが、同社の公式アカウントも流れに乗って宣伝も画像もない「ケンタッキー」というテキストだけのツイートを投稿。さらにサブウェイの公式アカウントが「サブウェイ」とツイートするなど、ほかの企業も自社ブランドの名前をツイートして楽しむ展開になりました。

  • ケンタッキー祭りの真相は
    ケンタッキー祭りの真相は
  • ケンタッキー祭りの真相は

Twitterユーザーを楽しませてきた歴代の企画たち

   ではなぜ、広告を出すためのワードとして「ケンタッキー」が選ばれたのでしょうか。

   最初にツイートしたユーザーにとってはたまたま興味の対象がケンタッキーだったのかもしれませんが、大きく広がったのはケンタッキーの遊び心たっぷりの広告が過去に何度もTwitterでバズっていたことが影響しているかもしれません。

   2017年にはアメリカで売り上げの多い「母の日」になんとロマンス小説を出版。カーネル・サンダースの夢小説を公式が売り出すという斬新なプロモーションは日本でも注目されました。なお、残念ながら現在はこの小説を読むことはできなくなっているようです。

   2020年にはアメリカで400個限定で「チキンフレーバーの口紅」を発売。「揚げ物を食べても落ちない口紅」はケンタッキーファン以外の心もとらえる企画ですね。

   コロナ禍の2021年には、企業の顔とも言えるキャッチコピー「It's Finger Lickin' Good(指を舐めるほど美味い)」が不適切になってしまった状況を逆手に取り、レッドブルなど他社のキャッチコピーを拝借した広告を作成。おなじみのコピーもチキンにつけられるとニュアンスが変わるという、ひねりの効いた広告を打ち出しました。

<【なぜ?】ケンタッキーがラブロマンス小説を出版、それにはこんなワケがあった - Togetter>

<KFCプレゼンツのケンタッキー味の口紅が気になりすぎる「揚げ物食べても落ちない」「原料がちゃんとチキン」 - Togetter>

<コロナ禍によりスローガンが使えなくなったケンタッキー社が他社のキャッチコピーを借りる企画が面白い「翼を授ける→手羽をあげる」 - Togetter>

   こういった過去のおもしろい広告を含むケンタッキーのイメージから、「ケンタッキーの広告なら見たい!」と思う人が多かったのではないでしょうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中