2021年 12月 6日 (月)

落合博満氏、オリ先発・宮城を評価も... 「1点取られようが10点取られようが負けは負け」【日本シリーズ】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球中日の元監督で野球解説者の落合博満氏(67)が2021年11月21日放送のスポーツ番組「S☆1」(TBS系)に出演し、京セラドームで行われた日本シリーズ第2戦のオリックス対ヤクルト戦を総括した。

  • 元中日監督の落合氏(写真:ロイター/アフロ)
    元中日監督の落合氏(写真:ロイター/アフロ)
  • 元中日監督の落合氏(写真:ロイター/アフロ)

高橋、日本S大舞台で初完投&完封勝利

   シリーズ第1戦でサヨナラ勝ちしたオリックスは宮城大弥投手(20)が先発。対するヤクルトは高橋奎二投手(24)が先発のマウンドに上がり、試合は宮城、高橋両先発の投げ合いとなった。

   0-0の均衡が破れたのは8回だった。

   ヤクルトは8回2死1、2塁のチャンスに2番・青木宣親(39)が宮城のストレートにつまりながらもセンター前に運び先制。9回には2死2塁の場面でオスナ(28)がオリックス・バルガス投手(29)からタイムリーを放ち貴重な2点目を獲得した。

   ヤクルト先発の高橋は9回5安打5奪三振の力投でオリックス打線を完封。日本シリーズの大舞台で初の完投&完封勝利を記録した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中