2021年 11月 27日 (土)

トラブル解決に「飲み会」推奨? サントリー広告にネット反発「下戸には地獄でしかない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   サントリーホールディングス(大阪市北区)が展開した広告に、ネット上で拒否感を示す声が上がっている。

   問題解決の手段として「飲みニケーション」を推奨するような内容に、「『飲まない、飲めない人どうすんの?』ってなる」「同調圧力を感じる」といった反応が出ている。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ
  • サントリー公式サイト「人生には、飲食店がいる。」より
    サントリー公式サイト「人生には、飲食店がいる。」より
  • 写真はイメージ
  • サントリー公式サイト「人生には、飲食店がいる。」より

「俺が1番嫌いな酒飲みの発想」

   注目されているのは、「人生には、飲食店がいる。」と題したシリーズ広告の1つだ。コロナ禍で利用が控えられてきた飲食店を応援するため、改めてその価値や魅力を伝える狙いで展開している。

   広告はあるツイッターユーザーが2021年11月21日、バス停に掲示されたポスターを取り上げたことで話題となった。ポスターには、

「たいていのトラブルは『よし飲み行こ!』で解決できる」

というキャッチコピーと、談笑している人物2人のイラストが手書き風に描かれている。

   投稿者は「俺が1番嫌いな酒飲みの発想」と評して広告を紹介。投稿は4600件以上のリツイートや1万3000件超の「いいね」を集めた。

   トラブルを解決するための手段として、アルコールを介した親交を勧めるような広告の内容に、ツイッターでは、

「『飲まない、飲めない人どうすんの?』ってなる」
「同調圧力を感じる」
「下戸には地獄でしかない」
「酒は好きだがこんな思考にはならない」

などと反感を示すような声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中