2021年 12月 7日 (火)

陣内智則も困惑...誤解招く「釣り見出し」横行 NTT系メディアに批判、運営会社の見解は

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「見出し!勘違いされるやん!知り合いからまた何かしたん?と心配されたわ」――お笑いタレントの陣内智則さんが2021年11月22日、自身に関するインターネット記事に苦言を呈した。

   配信したのは、NTTレゾナント(東京都港区)が運営するニュースサイト「いまトピランキング」。同サイトをめぐっては、見出しが誤解を招くとの指摘が読者からたびたび寄せられている。

  • 実際の記事
    実際の記事
  • 実際の記事

「クリックベイト」指摘

   陣内さんが異議を唱えたのは、「陣内智則、無期限休止を発表」と題した記事だった。

   いまトピランキングでは、提携媒体からの提供記事に独自の見出しを付けて配信している。記事ページには本文の要約が掲載されており、全文を読むには媒体社のサイトに遷移する必要がある。

   陣内さんの元記事は、ニュースサイト「サイゾーウーマン」の「陣内智則が投稿休止を発表、新庄剛志監督が教えたいのは"お金"のこと!?【YouTube急上昇ランク】」だった。

   見出しに「投稿休止」とあるように、陣内さんがスタッフの入院を理由に"ユーチューブ活動"を無期限休止すると報じていた。

   一方、いまトピの見出しでは、陣内さんが"芸能活動"を休止すると読み取れる。

   読者からはSNS上で、いわゆる「クリックベイト(釣り記事)」ではないかとの言及が相次いだ。陣内さん自身も22日、前述の反応をした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中